摂食障害 再発 原因

一度完治した摂食障害が再発してしまう原因について

スポンサーリンク

病院やクリニックなどでの適切な治療によって摂食障害が完治することが可能であり、その後通常の日常を送れるのが大きなポイントです。
しかし中には再びこの病気を再発してしまうケースもあり、原因については次の通りとなっています。
これは主に男性より女性に多い心理状態となりますが、体重や太るということに対して神経質になっていることが多いです。
それによって体重が標準値内であった場合でも、無理なダイエットをしてしまうケースがあります。
これを繰り返すことによってもって減量をしなければと思うようになり、段々と歯止めが利かなくなっていきます。
この歯止めが利かなくなった状態が摂食障害に発展することが多く、一度完治していた場合でも再発することがあります。
ですので一度完全に治ったからといって、油断をしていると再び同じ病気にかかってしまうことがあります。
よって摂食障害は治療後に再発させないことが、本当の意味で治療を行っていくという意味合いになっています。

スポンサーリンク

 摂食障害完治後に同じ病気が再発してしまう原因として、これまで我慢していたものを再び食べたくなってしまうケースがあります。
原因として人には今まで我慢していたものに対して、一度病気治療という制限が解除されることで再び欲求に襲われることがあります。
この場合には食べ物を食べたいという欲求が該当をする形となり、少しくらいだったら大丈夫と自分で思い込むようになります。
そうしたことを繰り返す中で少しずつ食事の量が増加していき、結果的に過食症という病気を誘発してしまうことがあります。
なので風邪と同様に治りかけが一番危険な状態でもあり、最後まで気を抜かずに強い気持ちを持ち続けることが重要となります。
そうした強い心構えを持つことが最大の薬となっていくので、再発する原因については心の問題の要素が大きくなっています。
基本的に摂食障害は心が弱いと発症率が増加するため、治療後においても十分に魅了されないように注意が必要です。

スポンサーリンク