摂食障害 肝機能障害 原因

摂食障害が原因となる肝機能障害について

スポンサーリンク

摂食障害は、神経性食思不振症いわゆる拒食症と、神経性大食症いわゆる過食症の2つに分けられます。
拒食症は食べことを極端に減らすがまたは食事をしなくなるために、痩せすぎているのに体重を増えことに不安があり、痩せの状態を維持しようとしたり、さらに痩せようとする病気です。
過食症は一度に大量の食事をすることにより、大食を後悔し抑うつ状態になったり、イライラしたりする精神症状の他に、太ることの不安から吐いたり下剤を使ったりすることで食事したものを体外に出してしまう病気です。
これらの症状は、食事のコントロールができないことによる障害で、精神疾患のひとつです。
一般の感覚では大したことのない病気のように思えますが、非常に治りにくく、また、拒食症から過食症へ、過食症から拒食症へと移り変わることも多いため、同一の疾患と考えられていて、難病に指定されています。
摂食障害は精神疾患ですので受診は心療内科で行うことになります。
拒食症については10代から20代の女性に多く、男性の10倍の発症率があります。
発症の原因は身体的、心理的、社会的な要因が重なっていると言われていますが詳細は不明です。

スポンサーリンク

拒食症の身体への影響は、栄養失調が続くことによって起こります。
栄養失調は無月経、骨粗鬆症、低血糖、肝機能障害などの原因となりますが、病状が進むと、意識障害から昏睡状態に陥ったり、不整脈や腎不全を発症し、命にかかわる場合もあります。
精神的な影響は、情緒不安定、孤独感、怒りやすい、強いこだわり、劣等感からの希死念慮まで起こります。
このようになった場合には家族も対処方法が分らなくなります。
症状が重篤な場合は入院治療の必要がありますが、退院すれば再発する場合も多いです。
拒食症が原因となっている肝機能障害は、肝臓に必要な栄養が不足するために起こりますが、同様な機構によってその他の臓器も栄養不足になりますが、特に脳が栄養不足になることは、脳の萎縮に繋がり、そのために意識障害が起こります。
肝機能障害は、食事の改善で回復可能です。
良質なタンパク質、ビタミン、適正なカロリーの3つが必要です。
この中ではタンパク質が特に重要で、それは肝臓がタンパク質でできているためです。
なお、必要な栄養素でも採りすぎた場合は、体型の変化により過食症に転じる場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク