摂食障害 入院 費用

摂食障害治療目的で病院に入院した場合にかかる平均費用とは

スポンサーリンク

摂食障害とは主に食事量が極端に減少するか増加してしまう病気であり、一般的に過食症または拒食症として認識されています。
そのためこれらの病気を発症した場合において、病院に入院をして専門的な治療が必要となるケースがあります。
そこでそういった場合における平均費用について調べていくと、大体1ヶ月につき10万円前後かかることが多いです。
よって1日辺りに発生する費用については、約3千円くらいの負担となる計算になります。
この金額は保険適用された場合の値段となっており、自己負担額は3割となっているのが特徴です。
料金の仕組みに付いて調べていくと、1つめに病院に入院をするためのお金が発生します。
これはベット代や摂食障害の治療費が含まれており、1日辺り1500円ほどの負担となっていることが多いです。
2つめに病院での食事料金がかかることがあり、食事療法に沿ったメニューが出されるので栄養バランスに特化しているのが特徴です。
これら2つを合わせて1日辺り3千円くらいかかるため、保険制度を利用すればそれほど大きな負担額にならないのがポイントでもあります。

スポンサーリンク

 一般的に精神科や心療内科病院で摂食障害の治療を受ける際において、入院費用として保険適用で1日辺り3千円くらいが多くなっています。
しかし中にはそれ以外にかかる費用についてもあるので、その内容について説明をしていきます。
病院によってはテレビを見るのに専用のプリペイドカードを使用していることがあり、これを購入するためにお金がかかります。
テレフォンカードと性能が似ているのが特徴であり、病室でテレビを見るために必要になることがあります。
費用については千円単位で販売されていることが多いですが、どれくらいかかるかはテレビを見る時間により異なります。
また病院には売店が設置されていることが多く、そこでは雑誌やトランプといったゲームを購入出来ます。
このお金についても自己負担となっており、1つにつき5百円から数千円程度となっています。
このように入院費以外にもオプション的な要因として、テレビ代や売店などで日用品を購入をするとお金が追加でかかることがあります。

スポンサーリンク