思春期 摂食障害 特徴

思春期に発生する摂食障害という病気の特徴について

スポンサーリンク

摂食障害とは主に過食症と拒食症の2種類に分けられており、男性から女性まで誰でも発症することがある病気となっています。
そこで思春期に発症した場合の特徴について調べていくと、そこにはいくつかの共通点があります。
一般的に思春期は自分の将来を決める大事な時期でもあり、自分自身で色々と進路などを選択していく時でもあります。
ところがそういった精神的不安やストレスに耐えられなくなることがあり、それが摂食障害を引き起こす要因になります。
症状については極度に食べ物を食べたくなるか否かの違いですが、基本的にストレスによって脳がコントロール出来ないことが関係しています。
それによって通常時であれば出来る判断でも、ストレスが積み重なると自分で制御出来なくなることがあります。
さらに思春期はこういった精神的ストレスに弱い時期でもあり、発症率が高いというのも一つの特徴となっています。
そのため自分自身で上手にストレスと上手く付き合っていくことで、こういった障害を予防していく必要があります。

スポンサーリンク

 思春期の男女が摂食障害を引き起こしやすい特徴や要因として、学校内での環境についても大きく関係しています。
仮にいじめなどがあったりすると、その学校内で自分の居場所を見つけることが出来にくくなってしまいます。
それによって精神的に大きなダメージを負う形となっていき、登校拒否や不登校といったことを発生させることがあります。
その一環として摂食障害も誘発する可能性が高く、過食症や拒食症といった病気にかかることがあります。
そのため早急に対策や治療をすることが求められますが、精神的なことが要因となっているためカウンセリングが効果があります。
こういったことが原因となっている場合には、基本的に人間不信となっている可能性が高いためです。
そこで最初は信頼関係を作ることから始めていき、その後少しずつ仲良くなって症状を改善させていきます。
このように学校内のいじめが摂食障害を誘発することもあるので、思春期の子供の行動には十分に注意をすることが大切となります。

スポンサーリンク