過食 癖 治す 対処方法

過食の癖を治す対処方法

スポンサーリンク

過食を繰り返してしまうと、やがてそれが癖になってしまいます。
過食はストレスが主な原因と見られ、何か嫌なことがあったときや気分がイライラしているときに過食に走る傾向があります。
しかし、癖になってしまうと体には大きな負担となってしまい、食べ過ぎによる病気や栄養バランスの乱れも考えられます。
このような悪い癖を治すには、最初から対処方法を厳しく行っていくのはあまりよくありません。
過食後の後悔の念から、食事の量を極端に抑えていく人もいます。
しかし、そういった対処方法は続かない可能性があり、かえってストレスを増やしてしまうので逆戻りしてしまう恐れもあります。
過食は不健康だと自覚している分はいいですが、いきなり厳しく自分を追い込んでいくのは対処方法としては無理があるかもしれません。
それでは、無理なく治す対処方法としては、食事の量を意識しないことです。
食事の量をとにかく気にしてしまうために、癖を治すことがどんどん難しくなってしまいます。
最初は気にせず食べていくようにし、その代わり栄養バランスにこだわり、時間を守って規則的に食べていくようにすれば異常な空腹感も抑えられます。
なんでも癖を治す場合は簡単ではありませんし、無理に治す対処方法を行っても失敗に終わる可能性も高いです。
過食の癖は時間をかけながらゆっくりと行っていき、追い込まずに自然に治す対処方法が適しています。

スポンサーリンク

次に、余分な食べ物は家に置かないようにすることです。
ふと空腹感を感じたり、やりきれない思いがこみ上げたときに、食べ物がすぐ近くにあれば、我慢しきれずに食べてしまいます。
それに合わせた対処方法は、誘惑となる食べ物をわざわざ近くに置いておかないことなのです。
家に食べ物がほとんどなければ、あきらめの気持ちが出てきます。
それが繰り返されれば、やがてあきらめが前提となるので、過食に逃げることもなくなってきます。
それでもどうしても何かを食べたいときは、体を動かしてみるようにしましょう。
ストレッチやウォーキングでもいいので体を動かし、気分転換をしてみます。
運動は食欲抑制の効果があると言われ、ストレス解消にもなります。
ダイエット効果も期待できるため、食べたい気持ちが抑えきれないときは、試してみる価値はあります。
また、食べる場合にしても炭水化物やカロリーの高い食べ物は避け、サラダなどの低カロリーのものを意識してみるのも上手な対処方法です。
1日3食ではなく、小分けにして食べていく方法も空腹感が常に抑えられ、過食の衝動も起きにくくなります。
これらを続けていくようにすれば、自然と心や体が慣れていくようになり、癖も目立たなくなります。

スポンサーリンク