拒食症 脚やせ 対処方法

拒食症による極端な脚やせへの対処方法

スポンサーリンク

女性はダイエットに励む人が多く、下半身を細くする脚やせのために頑張っているという人も多いのではないでしょうか。
とはいえ、脚やせを行う場合も、あまりに極端に細くしてしまうと魅力が落ちてしまいますので、適度に脂肪も残しておきたいですし、筋肉をつけておくことも引き締めには大切です。
女性が陥りやすい症状として拒食症がありますが、これはダイエットがきっかけとなることもありますし、精神的なストレスが影響している場合もあります。
いずれにしても拒食症が進行してしまうと、ほとんど食べることができなくなり、見た目もどんどん痩せてしまいます。
そして脚やせも目立ち、かなりの細さになってしまうこともあります。
対処方法としては、まず脚やせの要因となっている拒食症を治すことが大切です。
拒食症は食べさせれば治るというわけではなく、急に多くの量を食べさせることは体にも負担となってしまいますので、あせらず慎重に治療を進めていきましょう。

スポンサーリンク

拒食症への対処方法は食べさせることが大切ですが、本人は痩せすぎている自覚がないことも少なくありません。
対処方法としては、家族などまわりが説得することも大事ですが、症状が進んでいる場合は医療機関の治療も検討してみましょう。
医療機関のでの対処方法はカウンセリング、薬物投与、認知行動療法、入院などがあげられます。
拒食症が改善していくと体全体が少しずつふっくらしていきますので、焦らず少しずつ体重を増やしていきましょう。
脚やせへの対処方法ですが、脚やせは脂肪が落ちているだけではなく、脂肪と一緒に筋肉が落ちていることも原因となっていますので、運動などで筋肉をつけていくことも大事です。
体力が回復するまではあまり運動を行うことは好ましくありませんので、まずはある程度体重を戻し、体力をつけていきましょう。
対処方法としては、軽い筋力トレーニングを行うのもよいですし、体力がついてきたらウォーキングなども取り入れていくとバランスよく筋肉をつけることもできます。
くれぐれも無理のない範囲で進めていくことが大事です。

スポンサーリンク