拒食症 一日の食事 メニュー

拒食症を克服するための一日の食事メニュー

スポンサーリンク

拒食症というのは、全く食べない時期があったり大量に食べて吐くという時期を繰り返すことを言います。
そのため、食事というのは非常に重要になってきて、拒食症の人にいきなり通常の一日の食事メニューを食べろと言ってもすぐに吐いてしまいます。
あくまで、拒食症というのは病です。
無理をせずに、前に進めるようにサポートしていく必要があります。
また、食べ過ぎて吐かないような一日の食事メニューを決めることも大切です。
ただ、一日の食事メニューにばかり気を取られすぎることも注意が必要で、我慢に我慢を重ねて食事制限をしていけば良いというものではないので、どうしても我慢ができない時は大量に食べて吐いてもいいですし、食べなくてもいいです。
重要なことは、時間がかかっても治る一日の食事メニューを考えることだと言えます。
拒食症を克服していこうという場合のポイントは一日の食事メニューで低血糖症にならないかということをまずは考慮する必要があります。

スポンサーリンク

拒食症の人はそもそも血糖値のバランスが崩れてしまっている人がほとんどで、そのせいで血糖を増やそうと体が指令を出して大量に食べなくてはいけない衝動にかられます。
血糖を増加させるには白米が良いですが、白米は一気に血糖値を上昇させて、急激な体の変化についていけなくて体調を崩してしまうことも考えられるので白米は避けるようにしてください。
拒食症の人に合っているのは、血糖値の上昇が緩やかな玄米だと考えられています。
この病を克服するためには、体の新陳代謝を上げることが大事であり、一日の食事メニューは白ではなく茶色にするようにします。
白米ではなく玄米を食べ、パンもライ麦パンなどの未精製の食材を使用しているだけでインスリン量を少なくすることが可能です。
少量ずつから始めるようにしても良いので、できるかぎり一日三食きちんととるようにしてください。
体のリズムを整えること、生活習慣を見直すということは、どのような状態でも大切なことです。

スポンサーリンク