拒食症 体重変化 対処方法

拒食症で体重変化が気になる時の対処方法

スポンサーリンク

見た目を気にする人、ダイエットにチャレンジしている人であれば多少体重の増減を気にすることはあります。
ですが、それがあまりに顕著になるとちょっとした体重変化で精神的に追い詰められて拒食症を発症する可能性があります。
というのも、拒食症の人の場合、朝晩の体重変化だけでも極端に気にするようになります。
そしてグラム単位でその変化に一喜一憂し、過度のダイエットに入り込んでしまうのです。
拒食症の人は体重が増えることに極端な恐怖を感じます。
その分、体重が減ることに関しては極端な喜び、達成感を感じ、それが悪循環を招いていくことになってしまうのです。
症状が軽度であれば周りの人間も気が付きにくく、本人も無意識で行っている場合がありますが、症状が進めば進むほど体には大きな負担がかかるようになります。
周りの人間から見ても健康的ではない痩せ方をしている、あるいは体重変化が著しくそれが原因で体調不良を引き起こしているという場合には注意が必要になってきます。

スポンサーリンク

では、具体的にこうした拒食症の症状が引き起こされている場合にはどのような対処方法があるのか、まず挙げられるのは精神的なサポートです。
基本的に拒食症は精神的な問題なので、対処方法としては家族や友人の助けがポイントとなります。
そしてあまりに体重変化が顕著な場合には、命の危険も考えられるため専門の医療機関での治療が進められます。
医療機関では拒食症に対する対処方法がすでに確立されているため、体重変化に対する対応の仕方も本人はもちろんのこと、家族、友人ともに学んでいくことができます。
対処方法として、時には抗うつ薬や抗不安薬などの処方がされることもありますが、これも気持ちを安定させることで体重変化への耐性を付けることができるので非常に有効です。
まずは一つの対処方法として医療機関への相談を積極的にしていくこと、もしもそれが難しい場合には家族や友人など、周りのサポートを強力にし、本人の心の支えを作ってあげることが対処方法として大切です。

スポンサーリンク