拒食症 克服 きっかけ

拒食症の克服のきっかけ

スポンサーリンク

拒食症と言う言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
拒食症とは、体が食べることを拒否してしまう病気です。
「食べたい」「食べなくてはいけない」と思う気持ちとは関係なく体が勝手に食べることを拒否して受け付けてくれません。
拒食症になった原因は、強いショックがありストレスになった、ダイエットのしすぎで食べることで太ってしまうと言う恐怖心などが考えられます。
太っている方が人から言われたショックを受けるひどい言葉が原因で拒食症になる方は少なくありません。
また、ダイエットをして痩せた方が食べることで元の体に戻ることを拒否して拒食症になる方もいます。
人の目が気になる病気なども原因が考えられます。
このように人は様々な理由で病気になってしまうのです。
安易な人の言葉や目が気になり傷ついてしまいます。
しかし、拒食症になっても克服することは可能です。
克服するには何かのきっかけがあります。
克服するためのきっかけをつくってあげることで拒食症は改善することができます。

スポンサーリンク

克服するためのきっかけは、家族の優しい言葉、友人の助け、病院でのカウンセリング、治療、心のケア、食べることの喜びを知るなどたくさんの克服する方法があります。
強いショックやストレスで食べられなくなったので、ショックを和らげてあげること、ちょっとしたきっかけが克服する方法かもしれません。
患者に寄り添い諦めないことが大切です。
たくさんの美味しい食べ物があること、食べるための大切さ、喜び、食べることがストレス解消になることなどを教えることが良いかもしれません。
心を開いてもらうまで忍耐強く話しかけること、一人にしないことなども重要です。
きっかけはいくらでもあると言う思いを持つことが諦めないことです。
痩せてしまった患者の体を少しでも改善する、疲れてしまった患者の心をケアすることを考えながらきっかけを考えていくのも良いでしょう。
必ず克服することができます。
拒食症は、治る病気です。
たくさんの方が克服しています。

スポンサーリンク