拒食症 回復期 むくみ 原因 対処方法

拒食症の回復期のむくみの原因と対処方法

スポンサーリンク

拒食症の回復期にはむくみが発生することがあります。
今回はこの、むくみの原因と対処方法について考えます。
その前にまず、拒食症について考えましょう。
拒食症とは食事を取ることを極端に避け、体重が極端に減少することです。
拒食症になると、自分の体重について常に管理し、コントロールしなければ気がすまなくなります。
傾向としては愛情不足で育った人がなることが多く、また、男性よりも女性の方がなりやすいと言われています。
拒食症は人に食べろといくら言われても、頑固に食事を拒むことがあります。
これが拒食症の治りにくいところです。
一人で完治させることは非常に難しいでしょう。
原因は愛情不足、その他に自分の価値を見いだすために、低い体重を維持し続けることもあります。
どちらにせよ心に歪みが生じていることに変わりはありません。
対処方法としては、自分というものを受け入れ、認めることです。
回復期まで行くのにも、自他ともに大変な努力が必要です。

スポンサーリンク

では、拒食症の回復期のむくみの原因について考えてみましょう。
回復期では、それまで少ない食事、水分量で体を維持していたところを、食事、水分量を増やすことにより、からだに水分が上手くいきわたらずに、いたるところにむくみが発生してしまう事があります。
これが、原因です。
例えば、顔や足、腕などもむくみます。
患者は、自分が太ったように感じることがあり、回復期から、逆戻りしてしまうことがあります。
しかしそれでは、完治は難しいです。
では、原因について分かったところで、対処方法について考えます。
このむくみは、仕方ないといえば仕方ありませんが、対処方法といえば、マッサージをすることがあります。
その他の対処方法は、カリウムの入った食物を取ることです。
原因、対処方法が分かったところで、気をつけることを考えます。
一番は、見守る人がおり、声がけをする事です。
そのままで美しい、あなたはそのままで十分なのだと、伝えることが大事です。
回復期と言えども、まだ心は不安定なままであることが多いため、安心できる環境を作ることも大事です。
一筋縄では行かない病気ですが、焦らずゆっくり楽なペースで少しずつ治していくことが大事です。

スポンサーリンク