拒食症 回復期 症状 対処法

拒食症の回復期に見られる症状と対処方法

スポンサーリンク

「拒食症」は「神経性食欲不振症」とも呼ばれる摂食障害の一種です。
一般的に「拒食症」患者という言葉はガリガリに痩せ細った人物を連想させます。
顔も体も手足も枝のように細くなっている様を見ると、拒食症はあたかも身体的な要因によって起きる病気のように思われがちですが、実は「神経性」という表現にもあるように精神疾患なのです。
典型的な症状としては、まず極端な食事制限やダイエットから始まります。
拒食症患者の90%は女性(特に10代が多いです。
)であることからも分かるように、自分の外見にコンプレックスを抱いた女性が美しくなるために減量しようと決意して、食事の量や摂取カロリーを減らして行きます。
そのような考え自体は美を追求する女性ならば誰もが理解出来るものです。
実際、体重が減ってスタイルが良くなれば嬉しいと感じるでしょう。
しかしダイエットに歯止めが効かなくなり、痩せているのにもっともっと体重を落としてキレイになりたいと望む気持ちが一定値を超えると、それはもう健康な心身ではなく拒食症という病気の症状ということになります。
痩せたい気持ちが異常なレベルに到達してしまうと、食べることへの罪悪感や食べ物に対する恐怖心といった症状が現れます。
そうなると自分の意思とは関係なく、体が食べ物を受け付けなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

拒食症は酷くなると食後に吐いたり、自ら下剤を使うなどの異常な症状を呈するようになります。
治療には長い時間がかかりますが、治療をしない限り体重の減少を止めることは出来ません。
拒食症の治療には主に心療内科医や精神科医があたります。
患者への対処方法として最も重要なことは、病気を治す必然性を自覚させることです。
目標体重を明確にするなどの対処方法を講じた上で、じっくりと症状を軽減して行くようにするのです。
そんな対処方法の中で大切なのは回復期です。
回復期とは患者自身に病気であるという自覚をさせた後、体重を元に戻す時期のことです。
この回復期に、多くの患者は様々な精神的症状を訴えます。
例えば体重が少しでも増えれば、それだけで治ったと思って治療を受けなくなり過食に転じてしまうという危険性があります。
あるいは対照的に体重が増えることへの不安を訴えることもあります。
いずれにせよ体重に変化が見られる回復期は、健康に向かうために通るべき道であることをきちんと患者に分からせるような対処方法を選ぶ必要があります。
回復期には身体的な面を見ながらも、不安定になりがちな患者の精神をしっかりと支える対処方法を行うことが重要です。
患者の体重をゆっくり増やして肉体的健康を取り戻させると共に、精神面での対処法に力を入れることで回復期を無事に乗り越えれば、患者の思考は「正常」になり、心身共に寛解させることが出来ます。

スポンサーリンク