拒食症 500キロカロリー 原因 対処方法

1日500キロカロリー以下の拒食症の原因と対処方法

スポンサーリンク

一般に拒食症と呼ばれる疾患は、神経性食欲不振症という症候群であり、1日の摂取が500キロカロリー以下の生活が続く状態を、典型的に認めます。
その根本的な原因は個別的に異なります。
しかし何かに起因し、食欲へ恐怖心を抱いたり、強いやせ願望を抱く心理状態が、患者さんに多くみられます。
長期間単に満たされなかっただけでなく、強く否定された承認欲求等、心の深くにあり、家族や生活環境と深くかかわる本人も他者へ伝えたくない問題や経緯がこじれ、言葉にできないケースが多い、精神的問題を原因とする為、個別的な拒食症への対処方法の実践は行きつ戻りつで、一足飛びには治療が進まない難しさがあります。
1日500キロカロリー以下の生活が続くと、臓器の活動が維持できず、自力で1日800キロカロリー以下の食事を取る場合でも、緊急の対処入院による点滴治療を一定期間受け、生命活動を維持させます。
低栄養による腎臓障害でむくみが続くため、精神分野と内科分野の治療を並行する対処方法が求められます。

スポンサーリンク

1日500キロカロリー以下の状態が続くと、就労や就学は勿論、排せつや洗面、歯磨き等の日常労作も患者さん自身では困難になり、意識障害が起こるので、家族等周囲の人の判断で、拒食症の緊急対処方法を受けさせるケースもあります。
拒食症の治療においては、原因に患者さん自らが目を向けることを、まず目指します。
同時に正しい生体維持活動への理解をはじめとする、医学的知識の付与を並行し、拒食症患者さんが、自分で身の回りのことをする為には、1000から1100キロカロリー程度は最低でも摂取することが必要で、そのくらい食べても太らない、と理解するよう導きます。
太ることが怖い、やせたままが良い、と強く思いつめる原因は様々で、それを解決、克服する為には時間がかかります。
周囲の協力も必要です。
しかし、根治までの対処方法として、痩せたままで生きる方法がある、とまず教えることによって、生命維持の緊急対処方法にいつまでも依存しなくてもよくなります。
ただし、この具体的な対処方法に関しては、病院の医師とよく相談をして、方針を定めていく必要があります。
拒食症の患者さんは精神的に問題を抱えているため、本人が拒食症になった原因を見定めて、それを周囲の人やご家族が一緒に解決していこうとする姿勢が何よりも大切だからです。
そのため、1日500キロカロリー以下の拒食症に進行してしまう前に、家族が疾患の原因に気づいてあげられると、患者さんの回復も早いと言われます。
肥満症の方が、週に一度一日500キロカロリーの摂取で体調を整えることと、患者さんの一日500キロカロリーの意味は違う、と理解してもらいたいと家族が願えば、それが原因を突き止めるきっかけになります。

スポンサーリンク