拒食症 回復 太る 対処方法

拒食症〜太る恐怖心から回復する対処方法

スポンサーリンク

「拒食症」は、神経性やせ症をはじめ神経性食欲不振症・神経性食思不振症・思春期やせ症・アノレキシア・アノレクシアなど、多くの別称を有する病気です。
精神疾患の中でも摂食障害に分類され、過食症も含む摂食障害は特定疾患にも選ばれるなど、重大な病気のひとつとして研究が進められています。
特に10代〜20代の女性に多くみられ、極端なダイエットや過度なストレスが拒食症の発症に大きく影響しているものと考えられています。
拒食症の主な症状として、低体重・健康被害(味覚異常・むくみ・低体温など)・生理不順や無月経・思考力の低下が挙げられます。
また、拒食症特有の行動として、過剰な食事制限・偏食・急にアクティブになる・感情表現の低下などが挙げられ、中には反動で過食症になってしまうケースもあると言います。
拒食症になってしまった人には、病的に痩せる・極度の栄養失調になる・太ることや食べることに対する罪悪感がある・どんなに痩せても自分は太っていると言う思い込みが強いと言った特徴があります。
食べると太ると言う考え方から、極度なカロリー制限を設けたり、太るから食べられない(食べることに恐怖心を抱く)と言う人もいます。
代表的な特徴や症状の他、個々に現れる症状や原因は異なるため、それぞれに採用される治療方法や対処方法には違いがみられます。

スポンサーリンク

拒食症を患った人は、太ることに対して非異常な恐怖心を抱いていると言われています。
そのため、少しでも体重が増えると太ったと思い、食べることをやめてしまう傾向にあるのです。
発症者が10代〜20代の女性に多い理由のひとつに、身体的な成長による体重の増加を太るものと誤認してしまうことが挙げられています。
そのため、拒食症の人は適切な治療を受けることの他、その場や状況に合わせた対処方法を身につけることも大切です。
克服の第一歩として、カウンセリングで原因を解明することから始められるケースが一般的に行なわれ、正しく病気を理解しつつ治療や対処方法を行なうことで体重の回復が図られます。
しかし、体重の回復だけでは逆にそれがストレスになる可能性があるため、精神面の回復にも重点を置き、症状や状態に合わせた対処方法を探りながら実施することになるのです。
拒食症における対処方法の軸は心理療法ですが、ストレスの発散や緩和には、ひとりひとりに合わせた対処方法が必要となります。
病気の回復途中(回復期)には勿論体重は増えますが、太ることとはイコールではなく適正体重へ戻している状態です。
治療や回復には長い期間を要するため、本人だけでなく周囲の強力も必要となります。

スポンサーリンク