統合失調症 過食 原因

統合失調症の人が過食に陥りやすい原因とは

スポンサーリンク

統合失調症は、主な原因が蓄積されたストレスにあるとされています。
しかし、原因はそれだけではなく、生活環境や本人の性格なども関係してきます。
思春期から20代にかけて発症してしまう人が多く、妄想や幻聴などの症状がつきまとうようになります。
統合失調症は治療を受ければ症状を抑えていくこともできますが、本人が病気だと気付かない場合も多いです。
家族など身の回りの人たちが気づいてあげるなどして、サポートしていくことが大切です。
統合失調症を発症してしまうと、症状からさらにストレスを感じてしまう原因となります。
常に人から監視されている、盗聴されているという思い込みがあり、結果的にストレスとなってしまうのです。
そのような原因から、過食に走る人も少なくありません。
過食は統合失調症によく見られる症状で、これが原因で激太りをしてしまったり、糖尿病のリスクを抱えてしまう人もいます。
過食だけでなく生活習慣が乱れてしまうので、栄養バランスが崩れてしまうことにもなります。
統合失調症と過食にはある共通点があり、それが悪循環を生み出す原因となっています。
統合失調症の人が過食に陥りやすくなるのは、やはりストレスです。
過食症の人が無性に食べてしまうのも、ストレスからくる衝動なのです。

スポンサーリンク

統合失調症の人は、ひどい妄想や幻聴の症状から、家から出ずに引きこもるような場合もよくあります。
しかし、家にいても症状が治まることもないため、常に恐怖や不安を抱いている状態となります。
このような状態から逃げ出すために、食べる行為へと走ってしまうのです。
食べているときが唯一ストレスを軽減できる方法となり、食べ終わった後に罪悪感を感じてしまうパターンが過食症の典型的な例です。
このため、症状が出ている間は体型の変化が著しく出てきやすくなります。
反対に食事を極端に避けてしまう場合もあるため、激やせしてしまう場合もありえます。
ストレスは食事に異変をもたらしてしまうので、分かりやすいところもあります。
不健康な食生活を改善するには、原因を取り除くための治療は欠かせません。
そして、できるだけ生活のリズムを整えていくようにし、外出する習慣を身に付け、食事以外に趣味を楽しんでいくのもいい方法です。
何かに集中しているときは症状が出にくいと言われているので、ストレス発散の意味でも行動的になってみるのも大切です。

スポンサーリンク