拒食症 克服 体重 変化

拒食症を克服し体重に変化が現れるまで

スポンサーリンク

拒食症や過食症の摂食障害は、過剰な精神的なストレスの積み重ねで本人も気がつかないうちになってしまうことがほとんどです。
特に拒食症は体を動かすために必要なエネルギーの源である食べ物が体の中に入ってこないということなので、深刻な状態になる前に対応し克服する必要があります。
気がつかないうちになってしまっているものですが、体重に急激な変化があった場合や明らかに体格が異常にげっそりとしてしまった場合は、本人だけでなく周囲にいる方も専門の病院の受診を勧めることが今後のためにも大切なことです。
現在はダイエットをするというのが当たり前のような風潮になっていますが、拒食症になってしまった方の中にはダイエットをして健康になっていると勘違いしている方もいます。
また初めは順調なダイエットをしていてもそのダイエットがエスカレートしてしまうということもあります。
また、食べることに対して罪悪感を抱くようになり、どんどん痩せていかないと周囲から認められないと思うようになります。

スポンサーリンク

拒食症は食べ物を受け付けなくなってしまいますが、その延長線上にさまざまな症状があります。
体重が低体重へと変化するという他に、思考力の低下や生理不順、体に栄養が足りないためむくんだり髪の毛が抜け落ちたりしてしまいます。
このような状態になってしまったら、入院をして病院に管理をしてもらい、体重が増えるように変化するまで対応してもらい克服していくことが必要です。
また病院を退院後は、拒食症を克服するためには周りの方のサポートがとても大切です。
家族や友人と楽しく話をしストレスを感じないようにするのが一番の克服する方法です。
また食事をとるときは1人ではなく誰かと話をしながら食べるというのも大切です。
このように周りにいる家族や友人と楽しい時間を過ごすというのは、体重の変化だけでなく心にも変化ぎ現れてきます。
そして、拒食症を克服するために他に大切なことは、あまり1人の時間を作らないということです。
人間なら1人になりたい時はあるものですが、1人になると再び罪悪感が生まれ食べたものを吐くという行為をしてしまうことがあひます。
完全に克服し体重に変化ぎ現れるまでは、あまり1人の時間を作るということは避けた方が良いです。

スポンサーリンク