摂食障害 入院 基準

摂食障害発症時における入院する必要がある基準とは何か

スポンサーリンク

摂食障害の中に食べ物を食べることが出来なくなる拒食症というものがあり、通常であれば自宅療養や通院を行って治療を行っていきます。
しかし症状が悪化した場合には病院に入院をして治療を行うこともありますが、その基準についてはどうなっているか紹介します。
最も多い入院基準として判断されやすいのは、体重の標準より下回っているケースになります。
人間には体重ごとに標準値というものが定められていますが、拒食症となることでそれを下回ってしまうことがあります。
一般的に標準値の6割を切った状態だと危険値と診断され、医師から病院に入るよう提案されることがあります。
6割を切ってしまうと、日常生活に何らかの悪影響を及ぶと考えられているからとなっています。
また同時に1ヶ月で5キロ前後の体重変化が合った場合にも、医師から勧められることがあります。
このように急激な体重減少や基準値を下回ると、通院ではなく入院して治療が必要になってくるケースがあります。

スポンサーリンク

 拒食症が発生した場合による摂食障害での入院基準として、2つめに客観的に見て明らかに異常が見られる場合にも注意が必要です。
主にうつ状態や精神的に不安定な状態において、自傷行為や自殺を計画してしまうケースが多々あります。
そういった症状を放置しておくと、摂食障害異常に重大な問題やトラブルを引き起こしてしまうことがあります。
このような発症例がある場合のおいては、心療内科医か精神科医がいる病院に入ることが多いです。
そこでカウンセリングを中心とした治療を行っていき、患者の心の負担を軽くするケアをしていく流れとなります。
また自傷行為とはいかなくても、クリニックや病院で医師が同様の症状があると認定した場合にも入院を勧められることがあります。
その際の基準については明確なものはなく、この内容については医師一人一人による判断に任されることが多いです。
精神病であるうつ病により自傷行為などが発生した場合でも、病院で治療を受けることを勧められることが多くなっています。

スポンサーリンク