過食症 嘔吐 むくみ

過食症による過剰な嘔吐とむくみの関係について

スポンサーリンク

嘔吐は通常時であれば異常行動となっていますが、過食症という病気にかかるとそれが当たり前の行動になってしまう傾向があります。
その際においてむくみを誘発することがありますが、その原因や関係について紹介していきます。
過食によって嘔吐を繰り返すことによって、体全体の栄養素が不足しがちになってしまうことがあります。
主に腎臓の機能低下やタンパク質などが減少することによって、体に水分が蓄積されやすくなっていきます。
すると顔などにむくみとして症状が発症することがあり、通常時より太って見えてしまうことがあります。
原因は栄養失調によるもので嘔吐を繰り返すことにあるため、これらの症状が完治されればむくみについても自動的に治ることが多いです。
優先順位としては過食症を治すことが先となっており、この病気を治すことで同時に解消されていく流れとなっています。
これが過食が原因で発症する理由となっており、体が一時的に膨れ上がってしまうことがあります。

スポンサーリンク

 過食症によって嘔吐を起こしやすくなることが多いため、それによって合併症としてむくみという症状を誘発することがあります。
人は吐くことについて胃液を使っていく仕組みとなっており、それによって色んな栄養素が失われていきます。
一般的に水分やミネラルが失われることによって、疲労感を感じたり消化不良になってしまうことがあります。
そうした行為を繰り返すことによって、体の栄養バランスについても少しずつ変化していく流れとなっていきます。
その結果体にむくみという症状が発生することがあり、顔や腕などが膨らんでしまうことがあります。
そのため過食症による嘔吐する仕組みについては、放置しておくととても危険な行為となっていきます。
病院やクリニックで適切な治療を受けることによって、こういった症状を発症させないように自己ケアをしていきます。
そうすることでただ過食症を完治出来るだけでなく、通常通りに食事を取ることが出来るような体になっていきます。

スポンサーリンク