睡眠関連摂食障害 病院

睡眠関連摂食障害の病院での治療等について

スポンサーリンク

 睡眠関連摂食障害とは、就寝後に起き出して物を食べてしまうという疾患の事を言います。
この疾患は物を食べた事を覚えている場合と、物を食べた事を覚えていない場合に分かれます。
人によっては生では食べない物や、食べ物ではない物を食べてしまう恐れがあります。
 どの年代の人でも発症する可能性がありますが、特に若い世代の女性に多い疾患だと言われています。
 睡眠関連摂食障害を発症する原因は明確になっていないですが、いくつか有力な説があります。
一つ目がダイエットの反動によるものという考えです。
ダイエットでは食事制限を行なう事も多く、それに対する不満が募って爆発してしまうという説になります。
 二つ目としては、精神的なストレスの蓄積が原因という説が挙げられます。
仕事等で緊張状態が続いたりすると、精神的なストレスを多く溜め込む事になります。
その溜まったストレスを解消する方法として、食べるという行為に走る可能性があるのです。

スポンサーリンク

 睡眠関連摂食障害がひどくなると、中には無意識のうちに調理を始めてしまうケースもあります。
こうなると無意識に刃物や火を使う可能性も出てくるので、非常に危険だと言えます。
また前述したように、食べ物ではない物を食べてしまう可能性もあるので、健康を損なう危険性も付き纏います。
そのため少しでも睡眠関連摂食障害の疑いがある時は、早めに病院を受診する事が大切です。
 ただ、この疾患は現代病とも言われているもので、比較的近年になって存在が知られるようになった疾患です。
つまりこの疾患の治療に対応出来る病院も、ある程度限定されているケースも少なくないのです。
そのため受診を希望する場合には、予め対応出来る病院をネット等で探す事が大切になります。
 この疾患は夢遊病の一種でもあるので、まずは夢遊病の治療を行なう場合が多いです。
夢遊病の治療では薬物療法が効果的で、抗うつ薬等の薬物の服用が行なわれます。
またストレスの蓄積等が原因の場合には、カウンセリング等が効果を発揮する事があります。

スポンサーリンク