過食症 非嘔吐 治療

非嘔吐過食症の治療についての紹介と説明

スポンサーリンク

過食症には主に2種類の症例に分かれている特徴があり、通常の嘔吐するタイプと非嘔吐タイプの2つのパターンがあります。
そこで非嘔吐タイプの過食症の治療について説明をしていくと、特徴として患者は太りやすい傾向にあることが多いです。
理由として食べた物を吐かないことによって、体重についても増加しやすい傾向があります。
そのためそれはお腹の中でどんどん蓄積されている流れになっていき、それは体重増加や肥満といった症状を発症します。
そのため治療については食事の量を見直すことから始めると考えられがちですが、実はそうではない事が多いです。
主に精神的に抱えるストレスが原因で発症するため、そちらを重点的にケアを行っていく流れとなっています。
なので病院についても内科を受診するのではなく、心療内科や精神科といった心の病気を扱うクリニックを利用します。
こういったクリニックが摂食障害の治療に力を入れているため、この内容については覚えておくととても便利です。

スポンサーリンク

 クリニックや病院での非嘔吐過食症の治療方法については、主に心療内科か精神科での行っていく流れとなっています。
具体的な内容についてですが、これらのクリニックでは主に心の状態を安定させるために受診することが多いです。
なのでカウンセリングという対話形式で進めることが多くなっており、そこで患者の病気の原因を検査していきます。
過食症になった原因として過去の経験やストレスなどが要因となることが多く、それをカウンセリングで調べていきます。
またこの治療法については医師と患者の信頼関係があることが前提なので、最初からすべて上手くいくことはほとんどないです。
一般的に非嘔吐過食症の完治期間については、早くても数年はかかるとされています。
また自分自身でも完治させるという心構えが必要であり、食生活についても少しずつ変化させていくのが重要です。
主に食べる量を減らしたり低カロリーに置き換えるだけでも良いので、無理のない範囲内で自己ケアを行うことも大切な要素となります。

スポンサーリンク