過食症 嘔吐 太る

過食症で、嘔吐をしていても太る場合があります

スポンサーリンク

難病指定もされている摂食障害ですが、摂食障害には大きく分けて、二つの症状があります。
拒食症と過食症です。
拒食症は、食事が摂取できなくなってしまう病のことです。
過食症は、逆に多くの食事を摂取してしまう病のことを指します。
基本的には、どちらの症状も、太るのが嫌だということが根本にある人が多いとされています。
過食嘔吐も、太るのが嫌だけど、ストレスから過食に走ってしまい、それをゼロにするために、嘔吐して吐き出してしまうのです。
吐くだけではなく、下剤の乱用する人もいます。
しかし、たくさんの食べ物を食べて、全てを毎回吐き出せているかというと、なかなかそうはいかないので、過食嘔吐をしていても、太ってしまう人もいます。
太ってしまうことが、またストレスになり、過食に走らせてしまうという、悪循環が出てくるのが、この病気の厄介なところになります。
実際、摂食障害を患っていても、太っている人ばかりではないのが現状です。
生命の危険があるくらい痩せている人もいます。

スポンサーリンク

しかし、一般的に見て、痩せている人、痩せすぎている人も、本人から見たら、全く痩せていない、むしろ太っていると思ってしまう人が多いのです。
下剤乱用や嘔吐をするというのは、体にとっても、とても負担になることです。
必要な栄養素まで、排出されてしまっているのですから。
太ることが恐怖で、拒食症になってしまう人も多くいます。
しかし、この病の怖いのは、拒食症だけでは終わらない場合もあるということです。
拒食症から過食症になってしまう恐れも十分にあります。
若い女性に多い摂食障害、痩せていたい、綺麗に見られたいという思いから、この病気になってしまう若い女性が多いのです。
元の性格で、この病気になってしまう可能性のも変化してくるのでしょう。
生真面目で、良い子と呼ばれていたタイプの人がなりやすい病気だと言われているので、ダイエットをするにしても、まずは自分の性格などを十分に把握してから行わないと、取り返しのつかないことになってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク