過食症 入院 費用

過食症で病院に入院した場合の費用についての説明

スポンサーリンク

過食症になると必要以上に食べ物を食べてしまう症状が発症してしまうので、通常であれば通院することで完治させていきます。
しかし症状が悪化した場合には入院が必要となるケースもあるので、その場合にかかる費用について説明をしていきます。
入院することになった場合の費用についてですが、具体的にどんな治療を行うかによって変化します。
そこで一般的な食事療法を組み合わせた場合を見ていくと、1日辺り5千円くらいかかることが多いです。
そのため仮に1ヶ月ほど過食症の治療を行った場合においては、約15万円ほどの治療費が発生します。
これが一般的な入院した場合の過食症の治療費の傾向となっており、ベット代込みの価格となっています。
ですのでそれほど高額治療ではないので、比較的利用しやすい治療スタイルとなっている特徴があります。
ですが治療後も通院はすることが多いため、退院したらすべて治療が終了するだけではないので注意が必要です。

スポンサーリンク

 食事療法を中心として過食症の治療を行った場合の費用は、1日につき5千円くらいとなっている傾向があります。
また治療においてはカウンセリングを行うことも多いですが、その場合にかかる金額について紹介していきます。
この内容については病院によって異なっており、理由としてカウンセリングを医師が行うかカウンセラーが行うかで変化します。
医師が行うカウンセリングについては保険が適用されるため、費用も数千円くらいで治まることが多いです。
しかし医師ではなくカウンセラーがカウンセリングを行う場合については、金額に大きな違いがあります。
カウンセラーの場合には1回につき5千円から2万円かかることが多く、医師に比べて高額となっています。
またカウンセラーが行う場合においては医療行為にはならないので、保険についても適用されない点は注意事項となります。
このようにカウンセリングを行う場合においては、医師が行うかカウンセラーがするかによって費用に大きな差が現れます。

スポンサーリンク