過食症 母乳 影響

女性が過食症になった場合における母乳への影響について

スポンサーリンク

過食症は男性より女性の発症率が高い病気となっていますが、中には赤ちゃんを育てている場合に発症することもあります。
そこでそういった場合における母乳への影響について調べていくと、詳細については次の通りとなっています。
確かに過食状態になることで食欲は増す形になりますが、赤ちゃんに与える母乳については特に悪影響はないことが多いです。
これがもし拒食症であれば食べ物が食べられなくなるので、体に対して悪い作用が働くことになります。
しかし過食症は食べ物を食べすぎる病気であるため、拒食症とは違い栄養失調になることは基本的にないです。
そのため母乳についても出にくくなったりすることはなく、通常通りに赤ちゃんに上げることが出来るようになります。
よって極端に食事の量が急に減少しない限りは、特に心配や不安に感じる必要がないのが特徴です。
なので育児をする上では特に悪い作用を起こすことはないため、その点についてはあまり神経質になる必要はないです。

スポンサーリンク

 赤ちゃんを育てている女性が過食症になった場合においては、母乳に影響が出るのではと不安がる人が多い傾向があります。
しかし拒食症とは違い栄養失調になる症状ではないため、基本的にはそういった不安要素はないです。
ですがそのまま過食症を放置しても良いという訳ではなく、育児をしながら同時並行で完治させていくことが重要です。
クリニックについては心療内科や精神科が専門分野となっており、そこでカウンセリングを中心に行っていきます。
目的として精神的不安を解消するために行うので、婦人科や内科などでは担当分野が異なっています。
また治療目的が精神的不安を解消することであるため、自分なりのストレス解消法を持っていればそちらでも大丈夫です。
一般的にカラオケをすることによって、ストレスを上手に解消出来るので女性の間で人気となっている傾向があります。
このように精神的不安やストレスを解消することで、過食症という病気を少しずつ改善させていきます。

スポンサーリンク