過食症 吐かない 症状

吐かない過食症による症状説明について

スポンサーリンク

通常の過食症の症状として食べ物を食べすぎてしまうことにより、吐き気を感じる機会が多くなっている特徴があります。
しかし中には吐かないというケースが発症することもあるため、そういった場合の症状の特徴について説明をしていきます。
こういった病気を非嘔吐過食と呼ばれている病気であり、吐き気を感じる過食病とは別の病名となっています。
原因については患者自身の体質が関係しており、そこで吐く人と吐けない人に分類されていきます。
基本的に嘔吐するということは普段はめったにない行動であるため、過食症で気分が悪くなっても吐き気を感じないケースもあります。
また発症原因として精神状態が不安定になることによって、食べることをやめる努力はする傾向があります。
しかしそれを止められないことに強いストレスを感じるようになり、自己嫌悪によってさらに食事の量が増加していく流れとなります。
そのためあくまでも病気によって食欲が異常になってしまうので、本人に責任はないのが特徴となっています。

スポンサーリンク

 過食症の発症例として吐き気を感じないという症状があり、理由については患者一人一人の体質によって異なっていることが要因となります。
しかし吐かないからといって症状が軽いという訳でもなく、吐き気を感じるときと同様に適切な治療を受けることがポイントです。
多くの方は過食症という病気について、食事制限をすれば完治すると考えている傾向があります。
しかしそれでは完治したことにはならず、原因として精神的不安が大きな要素となっていることが多いです。
ですので食事量を減らしただけでは治らないので、病院やクリニックでんも治療が不可欠となっています。
さらに自分一人の力では完治させることが困難なので、可能ならば家族もしくは友人達と一緒に受診した方が良いです。
また1回の受診では完治しないことが多いため、数ヶ月程度はクリニックに通院する必要があります。
このように吐かないから放置しても問題ないわけではないので、必ずクリニックや病院を受診して治療を行う必要性がある病気となります。

スポンサーリンク