摂食障害 大食い 違い

摂食障害から来る過食と大食いの違いとは

スポンサーリンク

人間は当たり前ですがひとりひとり違うので、一日に食べる量も変わってきます。
摂食障害の人が過食をするということと、単に食べる量が多い大食いということとではまったく意味が異なってきます。
摂食障害の人が精神科やメンタルクリニックなどに行くと、診察やカウンセリングなどでどのくらいのカロリーを摂取するかと聞かれることがあります。
非嘔吐過食の人も、過食嘔吐の人も全体数から考慮すると、過食したときのカロリー計算というものをしている人が多いようです。
カロリーを気にしつつ過食をするという相反したことをするというのはご本人にとってとてもつらいことでしょう。
それに対して大食いの人はカロリー計算をするでしょうか。
もしすることがあったとしても、それはカロリーに縛られ、それを知らないと食べられないというような強迫観念から来るものではない場合がほとんどでしょう。
このようなカロリーに対する意識の違いというのは両者の違いをあげる中で見落とせないでしょう。

スポンサーリンク

それから何より摂食障害患者の過食と普通の大食いとの違いの中で大きいのは、“食べる”という誰もがする行為を楽しんでいるかという点です。
大食いの人は食べるのが好き、もともと食べる量が多く自分では多いと認識していないなど、精神面での異常がみられず、むしろ自分の生きがいや趣味の一環として食べています。
摂食障害患者がする過食は、食べたあとに罪悪感や後悔の念、自責の念、虚無感などマイナスの感情が残ります。
食べ物を味わうのではなく、胃に入る限り詰め込む、というような感じです。
また、過食したことで太るのではないかと恐怖や不安を感じ、気持ち悪くなくても自ら嘔吐してしまう場合もあります。
食べる時間もこれは何ご飯だというような区切りもはっきりせず、短時間で掻き込むといった状況です。
これは胃への負担も然ることながら精神面への負担は経験した者でないとなかなか理解しづらいものです。
摂食障害は甘えではなく病気です。
特にダイエットから発症した人は細ければ良いという風潮が生み出した犠牲者とも言えるでしょう。

スポンサーリンク