摂食障害 子供 対応

摂食障害で悩んでいる子供に対する対応について

スポンサーリンク

摂食障害とは食事をする際にその量が極端に減ったり増加する病気のことであり、大人だけでなく子供が発症するケースもあります。
病院やクリニックで適切な治療を行って完治させていきますが、その際には保護者の協力が不可欠となっています。
そこでそういった場合における対応について紹介していくと、子供に対して安心出来る場所を用意することが大切です。
用意するといっても特別なことをする必要はなく、基本的に自由に過ごせるように配慮するだけで大丈夫です。
そのため病気の治療だからといって、食事を多く制限したり行動に規制を作ることは逆効果となってしまいます。
あくまでも自分は守られていると相手に認識させることが、摂食障害の治療において一番の特効薬となります。
なので出来るだけ不安を与えないようにすることが重要なので、そういった配慮をさりげなく行うことが重要です。
このように子供に対して家庭で安心感を与えることが、治療や対応においてとても重要な意味合いを持っています。

スポンサーリンク

 自分の子供が摂食障害になった場合における対応として、出来るだけ精神的不安を与えないことがポイントとなっています。
そのため家庭内環境というものがとても重要となっており、これが悪化すると安心して過ごせなくなります。
家庭内環境が悪化していると子供が精神的不安を感じるため、摂食障害を始め全体的に悪影響となってしまいます。
こういった点がとても重要な要素となるため、治療において患者の家庭内環境を医師から質問されることがあります。
そこで家族に世話を任せても良いと判断された時に、自宅療養という治療王が選択されることになります。
逆にカウンセリングの時点で家庭内環境に問題ありと判断されると、病院に入院をして治療を受ける形になることがあります。
または医師から家庭内環境を変化させるように説得されることもあり、その場合には指示通りにする必要があります。
通常では自宅療養が基本となっていますが、家庭内環境が悪化しているとその限りではないので予備知識として覚えておく必要があります。

スポンサーリンク