過食症 病院 何科

過食症の治療を受ける際には何科の病院を受診すれば良いか

スポンサーリンク

男性よりも女性に多い摂食障害の1つとして過食症という病気があり、放置しておくとどんどん体重が増加してしまう症状があります。
そのため万が一発症した場合には病院で治療が必要ですが、その場合に何科を受診すれば良いか説明をしていきます。
実はこれには具体的な症状によって異なっていますが、主に無月経や生理といった女性特有の病気を誘発する場合は婦人科となります。
こういった病気を誘発している場合には、生理などの病気も同時に完治させていく必要があります。
そのため婦人科を受診することによって、過食症と生理の病状や原因を同時に調べることが出来ます。
婦人科で行う治療法については投薬療法が主流となり、薬を処方してもらって治療を行っていきます。
治療期間も数ヶ月から半年くらいかかることが多く、気長に通院しながら完治させていくことが重要です。
このように女性特有の病気を誘発している時は、婦人科を受診することで完治出来ることが多いです。

スポンサーリンク

 2つめに過食症と同時にうつや自傷行為といった行動がある場合には、病院は心療内科か精神科を受診する形となります。
この場合には精神的にかなり不安定になっていることが多く、患者自身も病気について自覚症状が無いことが多いです。
そのため周りの人の後押しがあることによって、これらの病院に連れて行ける形が多いです。
治療法については心理療法と呼ばれるカウンセリングが中心となっており、精神的負担を軽くすることを優先事項とします。
またこういった心が原因となっている場合には、投薬療法についてはあまり効果が得られないことがあります。
そのため最初はカウンセリングを中心に行い、症状や心を安定させることから始めていきます。
さらに民間の心理カウンセラーによる治療も有効となっており、相手の状況や状態を理解することがポイントとなります。
うつや自傷行為がある場合においては、先にそちらの症状を改善させるために心療内科か精神科を受診する流れとなっています。

スポンサーリンク