子供 拒食症 原因

子供の拒食症の原因について

スポンサーリンク

拒食症というと、一般的には大人の女性が精神的に追い詰められて発症するイメージが強い病気です。
正式名称は神経性無食欲症といって、おもな原因としては遺伝性の場合もありますが、大半は精神的なものが影響しているとされています。
また最近では子供などの若年齢層の患者も増加しており、小学生などにまで発症しているケースもあります。
精神疾患が原因のために治療にも時間がかかりますし、周囲の理解や協力がなければ完治も難しい病気です。
そして症状がひどくなると合併症や衰弱、自殺などで死亡してしまう可能性も高いので、とても危険な病気といえます。
そのために子供に過度の体重減少が起きたり、痩せているのにまだ太っていると思い込んでいたり、食べると吐くといったことを繰り返すようならば、拒食症を疑ってすぐに医療機関を受診するようにしましょう。
この病気は早期発見が重要ですし、まだ症状が軽い段階ならば、治療期間も短くなる可能性があります。

スポンサーリンク

子供の拒食症の原因としては、やはり大人同様に子供もストレスを感じますので、それが原因となるケースが多いようです。
思春期あたりになると異性に感心が出てくることから、太ることへの恐怖心や容姿、大人になりたくないなどといった感情に関するストレスなども抱えることがあります。
またそういったものでなく、家庭環境への拒絶やトラブルなどでも発症しますし、学校や友達関係など、ほんの些細なことが原因となる場合もあります。
たまに母親の所為などとまことしやかに囁かれることもありますが、そういったケースも中にはありますが、すべてがその通りということはありません。
とにかく子供が拒食症になったのなら、それは助けを求めているサインだと受け止めましょう。
そして教育方針などを見直して、過度な期待を背負わせたりせず、その子の今の状態をありのままで受け止めてあげてください。
そうすることで安心して、ストレスが軽減されて改善につながることもあります。

スポンサーリンク