拒食症 治療 期間

拒食症による治療期間についての説明

スポンサーリンク

食べ物を食べる量が減少する病気を拒食症と呼ばれており、心療内科や精神科を受診することで完治することが出来ます。
そこで一般的にどれくらいの治療期間があれば、この病気を治すことが出来るのか調べていきます。
一見するとこの病気は簡単に完治出来ると認識されている傾向がありますが、実は逆にとても長い期間を必要としています。
5年ほど心療内科などで通院を続けていても、完治するケースについては5割ほどとなっています。
そのため完全に治すためには時間がかかる病気であるため、治療においてはある程度の覚悟が必要となります。
理由として拒食症の一番の原因は精神的な要素が大きいため、心の傷が重荷となって発症することもあります。
心の傷というものは病院などで適切な治療を受けても、実際には中々治らない傾向が強くなっています。
これは拒食症についても同様のことが当てはまるため、完治するまでの時間については短くでも数年以上はかかるケースが多いです。

スポンサーリンク

 大人の拒食症の治療を行った場合における平均期間は、大体5年前後で5割ほどであるとされている傾向があります。
しかし患者が思春期の子供である場合には少し異なっており、症状の完治についても若干早くなることが多いです。
思春期は精神的に不安定になりやすい傾向がありますが、その分医師などの指導や指示についても素直に聞いてくれることが多いです。
そのため大人より早く治ることが多くなっており、3年もあれば完治する確率が高くなっています。
ですがその一方で3年以上待っても症状が改善されない場合においては、逆に完治されにくい傾向があります。
3年以上治療に時間がかかると逆に障害が発生することが多く、この点が大人とは異なっている内容でもあります。
それによって精神病を発症させることもあり、うつ病といったものに発展するケースもあるので注意が必要です。
思春期の場合には完治期間も早めとなっていますが、その分治らなかった時においてもリスクが高くなっていきます。

スポンサーリンク