拒食症 食事 改善

拒食症治療において食事メニューを改善させることについて

スポンサーリンク

拒食症の治療法として普段食べている食事を改善させる方法があり、これを栄養療法と呼ばれることがあります。
そこで患者向けにどのようにして栄養療法を行っていくか、その特徴や流れについて説明をしていきます。
一番の目的は体重を標準値に戻すこととなっており、拒食症の人はこの時点で一般基準より下回っていることが多いです。
俗に言われている痩せすぎという体質であるケースが多く、これを治していくために体重を増加させるメニューにしていきます。
一番効果がある治療法が普段の食事メニューを改善していく方法となり、一気にではなく少しずつカロリーを増加させていきます。
この場合において特に大きな精神的ストレスがないかも確認され、そちらが発見されれば治療を行っていきます。
そうでないと精神的不安が増加されていくため、治療についても逆効果になってしまいます。
通常であればこういった流れになっており、普段食べる食事のメニューを少しずつ改善させることから始めていきます。

スポンサーリンク

 栄養療法と呼ばれている治療法は、拒食症患者の病気を改善させるための方法としてとても有効なものとなっています。
基本的には体重を増加させるためのメニューにしていきますが、ポイントして患者自身に無理のない範囲内が条件となります。
確かに拒食症を治すことにおいてメニューを変更することがありますが、治療を行うのはあくまで患者自身となります。
ですので患者にとって無理なく行えることが重要であり、その点に配慮をしてメニューを変更していきます。
ただ患者の好みを重視しすぎると偏ってしまうため、その辺は上手にバランスを取りながら行っていきます。
なおこの方法については通院する場合に利用されることがあり、入院するケースにおいては病院任せとなることがあります。
しかし患者自身には病気を治す意志が強くあるため、ある程度自分好みじゃなくても綺麗に完食していくことが多いです。
このように通院と入院においては、若干食事メニューの改善方法が異なっている点は理解しておくと便利です。

スポンサーリンク