拒食症 体重 変化

拒食症にありがちな体重の劇的な変化、その注意点と適切な対処方法

スポンサーリンク

拒食症とは、その名の通りあまりに体重や体型を気にしすぎるあまり、食べ物を体が受け付けなくなる病気です。
どちらかというと精神的な疾患として分類されるもので、あまりに症状が重い状態だと体重が急激に落ちたりと、短期間で劇的な変化が見られます。
拒食症の注意点はこの急激な体重減少の症状にあります。
食べ物を摂取しないのですから痩せるのはあたり前ですが、その分体の免疫機能、基本的な機能が損なわれてしまうので最悪の場合、命に危険が及ぶ可能性も考えられるのです。
拒食症の厄介なところは、患者本人がその症状、危険性を理解していないということです。
体重は数字が小さくなればなるほど良いもの、うれしいものだととらえているのです。
そのため、周りがどんなに勧めたとしても食事を摂ることを極端に嫌がり、体重が増えること自体に強い恐怖感、嫌悪感を抱いてしまうのです。
ここまで来ると素人ではどう対処していいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

拒食症の対処としてはまず、専門の医療機関を受診するのが第一のステップです。
この時、本人がその危険性を十分に理解して、自らの意志で受診するのがベストな形です。
というのも、こうした拒食症などの摂食障害は本人の意思なしでは治療を進めることができません。
周りの人間や担当の意志がどんなに頑張ったところで、その根本、メンタル面での治療は本人の協力なしにはできないことです。
医療機関では主にメンタルの面からその問題解決にアプローチしていきます。
自分がどんな気持ちで摂食障害に向き合っているのか、どうしてそういった行為に走ってしまうのか、自分の気持ちを外に出していくことによって自身の中で気持ちの整理をしていくのです。
それによって思いのはけ口ができ、治療もスムーズに進めていくことが出来ます。
先に挙げたように摂食障害は一度発症すると怖い面も多いのですが、本人の努力次第、医師や周りの人間のフォロー次第では十分改善していくことが可能なのです。

スポンサーリンク