拒食症 回復 克服 きっかけ

拒食症を克服する・回復するきっかけ

スポンサーリンク

拒食症は、かかりやすい人が多い割に実情があまり知られていないのが現実です。
まずは、拒食症になる原因について簡単に説明していきましょう。
きっかけとなることは、様々です。
周囲の人から中傷されて心に傷を負ってしまったため、太っていることに対しての恐怖心を募らせてしまったりすることで発症することもあります。
ダイエットの行き過ぎは命の危険にもつながりますが、メディアなどで盛んにダイエットを推奨していることもあり、気軽な気持ちで吐いてしまって病気になってしまうことがあります。
外見へのコンプレックスは誰しもが抱いているものです。
綺麗になりたい、女性にとって永遠のテーマではないでしょうか。
その近道として「食べない」ということを選択してしまうのです。
ストレスが原因となるだけでなく、家庭環境、母親との関係性もあり自分個人の問題ではない場合もあります。
もしかかってしまったら、回復・克服するためにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

まず、回復しよう、克服しようと強く思いすぎないことです。
完璧にやろうとすると、それが逆にストレスとなって悪化することにもなりかねません。
気楽にというのは難しいことですが、少しずつ食べられるものを食べていくことが一番の回復への近道です。
拒食症は治らない病気ではありません。
きっかけはどこにでもあります。
支えてくれる人であったり、本であったり、ペットであったりその人それぞれの大切な物が、生きる力を与えてくれます。
何より、自分が何より尊い存在であることに気づくことが回復へつながっていきます。
自分の体は自分だけのものではないのです。
あなたを想う存在がいる。
そのことで強くなれるのです。
一度拒食症にかかってしまうと克服することは難しいですが、まず恐怖心というものを認めていくこと、自分自身をあるがままに受容することが何より必要なことです。
食べるものにこだわらないことも、些細なことですが大切です。
食べられそうなものを口にするだけでいいのです。
吐いてもかまいません。
少しずつ前に進んで行きましょう。
それが拒食症を克服するきっかけとなるのです。

スポンサーリンク