摂食障害 入院 体重

摂食障害で入院して体重を管理するメリット

スポンサーリンク

摂食障害は、自分の体重をとても気にしてしまう病気です。
そんなに太っていないのに、むしろ痩せすぎなので、自分は太っていると自己認識して、ダイエットなどに走り、それが拒食症や過食嘔吐につながってしまうことがあるのです。
まず、体重が痩せすぎてしまった場合などに、命の危険性があるので、医師は入院を勧めることがあります。
家にいると、食べ物に接する生活をしなくてはいけないので、食べ物に支配されてしまう危険性があるのです。
食べ物に支配されてしまうということは、体重にも支配されてしまう危険性があり、それが命の危険性につながってしまうのです。
そこで、それらを気にせずに生活するために、入院をするのです。
入院すると、食事なども管理されることが多いのです。
また、メリットとしては、食事以外に、点滴などで栄養を体内に入れ込むことが可能になりますから、生きるために必要な栄養を自動的に取り入れることが可能になり、命の危険性が一時的ですが、回避されるのです。

スポンサーリンク

また、家では、自分の体重を気にして、何度も計ってしまうというのが、拒食症や過食嘔吐、過食後に下剤乱用している人が多いのです。
そこに支配されてしまうくらいです。
それが入院をすることによって、出来なくなるのもメリットです。
患者本人にとっては、知りたいことを知ることが出来ない、また痩せたいのに栄養を入れられてしまうというのは、ストレスになってしまうこともあるので、これがデメリットになります。
しかし、自分の体重に縛られない生活に慣れてくることで、摂食障害が完治する可能性が出てくるのです。
摂食障害は、なってしまうとなかなか完治しない病気だと言われていますが、早期治療、また医師の元、適切な治療を行うことで、完治も可能だということです。
入院は、患者にとっては、良いことばかりではないのですが、それでも完治を目指すためには、その場に応じた適切な治療をすることが、摂食障害の完治への近道になるのです。
甘く見られてしまう摂食障害ですが、とても怖い病気だという認識をもち、治療するのが適切です。

スポンサーリンク