摂食障害 拒食症 過食症 原因 治療 

摂食障害.net〜拒食症・過食症の原因と治療〜

スポンサーリンク

あなたは摂食障害にかかったことがありますか?
摂食障害の中にも、種類があります。大きくわけて、拒食症と過食症です。

 

拒食症とは、体がガリガリに痩せて、危険な状態にあっても、まだ、太っていると信じて、体重が増えることに強く恐怖を感じる状態を指します。
この状態になると、異常なまでに、カロリー制限をしたり、下剤や食べた物を吐くことで痩せている状態を保とうとします。
ですが、体は飢餓状態にあるので、頭では、食べ物のことばかり考え、生活全般が食に振り回されがちです。この状態は、飢餓症候群と呼ばれています。
この状況では、体重が増えることへの恐怖と飢餓症候群の狭間で、苦しむことになります。

 

また、拒食症という病気にかかっても、本人には病気になっているという自覚がなく、治療そのものに興味がないため、そのままになっている場合が多いのが特徴とされています。
この拒食症を治すには、どうして、痩せていたいのか、心の奥底にある原因に目をむけ、対処していかなければなりません。ですので、拒食症になった本人や家族の方も拒食症について、よく理解することが大事です。

 

過食症とは、大食症とも呼ばれており、隠れて食べたり、気晴らしに食べたり、残飯をあさって食べたりという無茶食いを繰り返す状態を指します。単なる大食いと異なる点は、食べた後に、気持ちが落ち込んで、不安感や絶望感に悩まされることが特徴です。
中には、食べたものを全て吐いたり、下剤を使う方もおり、その場合は、痩せてしまう場合もあります。

スポンサーリンク

過食症は得てして、職場や学校等の環境でストレスを感じて、かかる病気です。
ですので、現代のストレス社会では、多くの方が過食症にかかっているとも言われています。

 

拒食症と過食症の摂食障害の原因は、まだはっきりと解明されていませんが、次のような原因が一般的に挙げられています。

 

1.大人の女性になることを拒否する気持ちが強く、食事することを拒否して、女性らしい体になることを拒む。
2.回りから見ると、普通の体型でも、本人は肥満状態だと認識してしまい、ダイエットを繰り返す。その結果、心身の均衡を崩し、拒食症になってしまう。
3.置かれた環境に、大きなストレスを感じる。そしてストレスや悩みを忘れるために、過食してしまう。
4.家族とのコミュニケーションがうまく行っていないため、過度のストレスを感じる。そのため、大食いをしてしまうが、あとで後悔する。

 

大事なことは、拒食症や過食症にかかった場合、本人が自覚して、原因を追求し、ご自分に合った形で治療を行っていくことが大事です。
摂食障害は、心の病と密接に関係しています。ですので、回りの家族の方も、治療に協力してあげることも重要なポイントです。

 

このサイトでは、拒食症や過食症の摂食障害について、具体的な症例を挙げながら、その原因、対処法、治療法について、詳しく書いてあります。
参考になると思いますので、ぜひ、読み進めてみてくださいね。
どうぞお大事になさってください!

スポンサーリンク